大きめ体型でも大丈夫!?加圧シャツの適切なサイズ選びとは?

太った人

当ページでは加圧シャツの対応サイズやサイズ選びに関する情報の掲載しています。

 

  • 加圧シャツを試してみたいけど自分に合うサイズのものはあるの?

 

という方の参考になれば幸いです。

 

加圧シャツにはどこまでのサイズが用意されているの?

加圧シャツの多くは伸縮素材「スパンデックス」を使用することにより加圧力を得ています。
このスパンデックスはとても伸縮する素材で、原長の5倍〜8倍まで伸びるとされています。

 

それだけ伸びる素材を各所に織り込んであるので多くはS〜Lサイズが一般的です。
中にはXLが用意されているものもありましたが、スパンデックス含有率が低いのであまりおすすめはできません。

 

各加圧シャツの対応サイズ一覧表を作ったので参考にしてもらえればと思います。

 

加圧シャツサイズ一覧表

Sサイズ Mサイズ Lサイズ FREE
マキシマムマッスル 身長 162〜185cm
胸囲 84〜110
金剛筋シャツ 身長 162〜175cm 172〜185cm
胸囲 84〜96 94〜106
シックスチェンジ 身長 153〜168cm 163〜175cm 173〜185cm
胸囲 81〜92 88〜98 95〜105
マッスルプレス 身長 165〜175cm 175〜185cm
胸囲 88〜96 96〜104
バルクアップアーマープロ 身長 165〜175cm 175〜185cm
胸囲 88〜96 96〜104
パンプマッスルビルダー 身長 165〜175cm 175〜185cm
胸囲 88〜96 96〜104
DANXY 身長 165〜175cm 175〜185cm
胸囲 88〜96 96〜104
スパルタックス 身長 155〜165cm 165〜175cm 175〜185cm
胸囲 76〜88 88〜96 96〜104

 

 

ほとんどの加圧シャツはほぼ同じサイズになっていますが、一部Sサイズの物も用意されています。

  • 大きい体格の方はマキシマムマッスル
  • 小さい体格の方はシックスチェンジかスパルタックス

がいいんじゃないでしょうか!

 

MLサイズで十分入るけどどれを買えばいいか迷う!って方はこちらにランキングも用意しているので参考にしてください。
加圧シャツランキングTOPへ


トップへ戻る